メニュー

舌癖トレーニング(MFT)=舌機能訓練 - 矯正治療・見えない矯正は高瀬矯正歯科

tel:078-975-8214

〒651-2109 神戸市西区前開南町1丁目2番地1号 地下鉄伊川谷駅ビル1F

  • 初診相談予約
  • お問い合わせ

治療例

舌癖トレーニング(MFT)=舌機能訓練

開咬の方は舌癖(舌を前に出す癖)が原因となっていることが多いため、低学年から舌癖トレーニングが大切になっています。放っておいた場合、骨格にも影響を及ぼし、抜歯本数が増えたり、場合によっては外科手術が必要になることがあります。

日常生活の中で、夢中になって本を読んだりテレビを見ているときに、口をポカーンと開けて上下の歯の間に舌が出ていたり、飲み込む時に舌を突き出し、歯を押すような動きをすることがあります。これを舌癖といいます。

舌癖のある人は、いつも舌が口の中で低い位置や前方にあり、歯を押し出すので、歯並びに大きな影響を与えます。

舌癖トレーニング(MFT)とは、歯並びを悪くしている原因の一つである、舌癖を取り除くための練習です。

舌癖トレーニング(MFT)は以下のことを目的としています。

  • 舌の筋肉の力を強くする
  • 唇やほほ、口の周りの筋肉に力をつける
  • 正しい飲み込み方を覚える
  • トレーニングで覚えた舌の位置や唇の状態を保ち、日常の中で正しい飲み込み方を習慣にする

舌癖トレーニングの一部をのぞいてみましょう。

  • 09_01.jpg
  • 09_02.gif

歯のことでお悩みがありましたらお気軽にご相談ください。

tel:078-975-8214