メニュー

開咬 (咬み合わない) [混合歯列期] - 矯正治療・見えない矯正は高瀬矯正歯科

tel:078-975-8214

〒651-2109 神戸市西区前開南町1丁目2番地1号 地下鉄伊川谷駅ビル1F

  • 初診相談予約
  • お問い合わせ

治療例

開咬 (咬み合わない) [混合歯列期]

開咬(咬み合わない)[混合歯列期]

開咬の方は舌癖(舌を前に出す癖)が原因となっていることが多いため、低学年から舌癖トレーニングが大切になっています。
放っておいた場合、骨格にも影響を及ぼし、抜歯本数が増えたり、場合によっては外科手術が必要になることがあります。

  • 08_02.jpg
  • 08_01.jpg
  • 08_03.jpg

治療前

舌癖があるので、前歯部に開咬(咬み合わない)が見られます。

  • 08_04.jpg

治療中(1)

タングクリブ及び舌癖トレーニング (MFT)開始後2週間経過。 前歯部の開咬は、大きく改善され上下の歯が咬み合うようになっています。

前歯部開咬が改善され、永久歯列期に入ったので、犬歯の低位(八重歯)の問題も含め全体的な咬み合わせを作るための治療に入りました。舌癖を完全に取り除くためにも、舌癖トレーニング(MFT)は併行して続けてもらいました。

  • 08_07.jpg
  • 08_05.jpg
  • 08_06.jpg

治療中(2)

タングクリブ装着後一年経過。併行して舌癖トレーニング(MFT)も行いがんばってもらえたので咬み合わせも徐々に改善していきます。

  • 08_08.jpg
  • 08_09.jpg

タングクリブ

舌が前に出てこないようにする為の装置です。歯並びを悪くしている原因の一つである舌癖を防ぎます。

歯のことでお悩みがありましたらお気軽にご相談ください。

tel:078-975-8214